【静岡】ベリーベスト法律事務所

※現在、営業時間外です
お気に入り追加
  • 全国対応
  • 初回の面談相談無料
  • 19時以降の相談可能

【顧問契約1300社以上】企業の課題~複雑な法務問題も対応できる法律事務所。業種別専門チームが突発的な訴訟から契約書チェック、経営戦略に関わるM&A・知財トラブル等幅広く対応。月額顧問料3,980円~

住所 静岡県静岡市駿河区南町14番25号エスパティオ 7階
最寄駅 JR静岡駅 徒歩3分
対応地域 全国
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合わせはコチラから
050-5851-6289
※現在、営業時間外です
メールでお問合わせする
最新の法律に対応しなかったことで起きた事例

従業員20名の電気工事関連会社で、60歳を迎えた従業員を定年退職させた。

後日、再雇用される認識であった本人から解雇無効で訴えられた。

依頼を受けた顧問弁護士が労働問題専門チームとタッグを組み粘り強く交渉を行ったことで、なんとか和解はしたが、最新の法律に対応していない就業規則であったことがトラブル発生の原因となった事例である。

支払う必要のない残業代請求を顧問弁護士が解決

B社が、近日中に退職が決まっていた従業員より高額の残業代請求を受けた。B社は、本当に支払わなければならない残業代であれば払うしかないと考え、かねてから顧問契約をしていたベリーベストに相談した。

担当弁護士がその従業員が主張する未払残業代の金額が妥当か否かにつき精査したところ、本当に顧問先が支払わなければならない残業代は、当該従業員が主張する額よりも相当低い金額であることが判明した。結果的に、担当弁護士が算出した金額とほぼ同額の金額にて和解が成立し、顧問先は支払う必要のない残業代を支払うことを免れることができた。

支払わなければならない残業代なのかどうかについてご相談いただけたことで、適切な解決へ導けた事例である。

弁護士 折田 忠仁

ベリーベスト法律事務所パートナー。

1986年に早稲田大学法学部を卒業し、同年司法試験合格。1989年に最高裁判所司法研修所終了後、主に知財案件を扱う特許法律事務所に入所。1994年に米国ロースクールに留学し、LL.M.終了。

1995年にNY州司法試験に合格し、あさひ・狛法律事務所(現西村あさひ法律事務所)、TMI総合法律事務所を経て、2018年9月にベリーベスト法律事務所に入所。

帰国以来、外国企業との商取引、内国企業による外国企業及び外国企業による内国企業の買収、内国企業間のM&A、外国企業と内国企業との合弁事業の組成・解消などに係る契約審査を多数経験した他、国内一般民商事案件や内外紛争案件も加え、幅広い経験を積んでおります。

弁護士 長谷川 裕史

慶応義塾大学卒業後、同年の司法試験に合格。同大学大学院法学研究科を修了ののち、1999年 濱田松本法律事務所(現・森・濱田松本法律事務所)に入所。

慶應ビジネススクールを経て、以降はグッドウィルグループ株式会社、株式会社ポケモン、韓国法人Pokémon Korea, Inc.にて部長や代表理事等を歴任し、2018年にベリーベスト法律事務所に入所。

現在は、法務とビジネスの両経験を活かし、お客様が抱えておられるビジネス現場のお悩みを理解しながら、企業法務、M&A、事業承継、知的財産など多岐にわたって活躍中。

弁護士 升村 紀章

慶応義塾大学法学部法律学科を卒業後、東証一部上場企業(メーカー)、外資系金融機関の法務担当者等として勤務。

司法修習終了後、企業法務を中心に取り扱う法律事務所での勤務を経て、2017年7月ベリーベスト法律事務所に入所。

M&A、金融法務、租税訴訟から離婚、相続紛争まで幅広い経験を積みつつ、近年はIT法務、知財法務(著作権・商標権)、会社組織再編を中心に手掛ける。

弁護士 吉川 栄輔

立命館大学法科大学院法務研究科を修了後、同年の司法試験に合格。

司法修習終了後、東証一部上場企業(証券会社)で企業内弁護士として勤務。

2012年11月にベリーベスト法律事務所に入所。

前職での経験を活かし、企業法務(特に、上場支援、株主総会の指導)、労働問題を中心に経験を積み、近年では、株主紛争、事業承継、内部通報の社外窓口、フランチャイズ問題を中心に手掛ける。

2019.8.6

中国弁護士 翁 道逵、楼 鶯が2019年度 第3回「経営問題研究会」において講演を行いました。

2019.7.18

株式会社FRONTEO共催、ベリーベスト法律事務所 / 大成律師事務所(Dentons)の共同セミナーを開催。テーマは「日本企業の中国でのビジネスに影響を与える最近の重要な立法について」で、三社それぞれが講演いたしました。

2019.5.24

弁護士 松岡俊一が日本産業衛生学会において講演を行いました。テーマは「働き方改革関連法について」。産業医、産業衛生や公衆衛生の研究者が参加する日本産業衛生学会にて、大変ご好評をいただきました。

2019.2.18

弁護士 木戸章太が名古屋国際センターにおいて講演を行いました。テーマは「空き家にしないための家族信託について」。愛知県・名古屋市の関係者、国道交通省の関係者、不動産業者など、30名以上にご参加いただき、大変ご好評をいただきました。

ベリーベスト法律事務所では、法人の規模やニーズに応じて選べる顧問契約プランをご用意しています。

スタンダードとして「月額5万円プラン」、顧問弁護士をフル活用したい方には、「月額10万円プラン」以上をおすすめいたします。

また、単発でのご相談もお受けしております。(1時間20,000円~)

  • ※ 料金は税抜表示です。
  • ※1初回のみ月額費用ご請求時に、別途事務手数料が発生いたします。
  • ※2職位は、弁護士の経験に応じて所内規程により決定しています。また、顧問契約の時間制手数料は、1分単位で計算します。
  • ※3無料対応分は時間制手数料のみが対象となります。
  • ※4日本で未登録の外国弁護士資格者は、外国法事務弁護士又は弁護士の指揮監督の下、関連法令で許容される範囲で、外国法事務弁護士・弁護士への労務提供を行います。
  • ※5各プランに応じた割引が適用されます。また、外国語による対応を要する案件については、各費用区分に最大1.5を乗じた金額となります。
  • ※6顧問契約がない場合の金額です。契約されている場合、各プランに応じた割引が適用されます。
■代表弁護士 萩原 達也
1999年 慶應義塾大学法学部法律学科 卒業
2000年 司法試験合格
2002年 弁護士登録
2013年 弁護士法人ベリーベスト法律事務所入所

【ベリーベスト法律事務所の強み】
1.1200社以上の顧問契約
2.税理士・社会保険労務士・弁理士・司法書士・行政書士との他士業の連携で全面サポート
3.アメリカ弁護士、中国弁護士、オーストラリア弁護士が在籍
4.中国最大規模の法律事務所『北京大成律師法律事務所』と連携
5.業種別専門チームがサポート
6.全国対応


【法人の取扱業務】
・顧問弁護士
・労働問題
・債権回収
・フランチャイズ
・不動産建物明渡
・任意売却等の不動産案件
・不動産・法人登記
・企業倒産
・為替デリバティブ問題
・各種契約案件
・ITビジネス法務
・コーポレートカバナンス
・M&A
・ベンチャー法務
・IPO法務
・事業承継
・訴訟案件
・紛争案件
・知的財産
・スポーツエンターテインメント
・国際取引
・外国人のビザ申請
詳しくは、プロフィールページ下部の料金表をご参照ください。
サービス内容に
関するお問合わせ
050-5851-6289
※現在、営業時間外です
メールでお問合わせする
※携帯電話からは利用ができません。固定電話からおかけください。

事務所概要

事務所名 【静岡】ベリーベスト法律事務所
弁護士名 代表弁護士 萩原達也(ベリーベスト弁護士法人/主事務所:ベリーベスト法律事務所)
所属団体 第一東京弁護士会(代表弁護士 萩原達也 所属)
電話番号 050-5851-6289
対応地域 全国
定休日 土曜 日曜 祝日
営業時間

平日:9:30〜21:00

営業時間備考 ※上記は、お電話の受付時間となります。
※拠点の営業時間とは異なりますので、ご了承ください。

■電話受付時間
平日 9:30~21:00
※東京本店のコールセンターにて、お問い合わせの受付をいたします。

■営業時間
平日 10:00~18:00
※営業時間外(夜間・土日祝)の法律相談についてはお問い合わせください。

■営業日について
GW、年末年始等、営業を停止する場合がございます。

アクセスマップ

ページトップ