顧問・セカンド顧問

顧問・セカンド顧問に関する知識まとめです。
顧問・セカンド顧問

病院の顧問弁護士の役割は幅広い!医療事件に詳しい顧問弁護士の選び方

病院は規模や専門に関わらず患者やそのご家族はもちろん、従業員とのトラブル発生が考えられます。トラブルが大事になり、病院の社会的信頼を落とさないためにも、顧問弁護士の存在が重要です。この記事では、病院における顧問弁護士を雇うメリットについてご紹介します。

顧問・セカンド顧問

セカンド顧問弁護士との契約を検討した方がよい状況とは

セカンド顧問弁護士とは、いわゆるセカンドピニオンの弁護士版です。最初に契約した顧問弁護士と会社の相性が合わないと感じた場合には、他の弁護士との契約に切り替えた方がよいかもしれません。この記事では、セカンド顧問弁護士との契約を検討した方がよい状況をご紹介します。

顧問・セカンド顧問

顧問弁護士には何を相談できる?会社が受けられるサポート内容

顧問弁護士は会社の法律問題を全面的にサポートしてくれる、専属の法律専門家です。ただ、初めての依頼だと、具体的にはどのような相談に対応してもらえるのかイメージが湧きにくいかもしれません。この記事では、顧問弁護士には何を相談できるのかをご紹介します。

顧問・セカンド顧問

顧問弁護士のメリット・デメリットを比較|利用を検討すべき場合とは

コンプライアンスなどに対するニーズの高まりを受けて、会社が特定の法律事務所と契約を結ぶ、『顧問弁護士』を活用して業務を行うことが増えてきています。この記事では、顧問弁護士のメリット・デメリットや活用場面、顧問弁護士の選び方についてご紹介します。

顧問・セカンド顧問

顧問弁護士が中小企業にいる必要性が判断できる6つのポイント

顧問弁護士とは、会社が事業を進めていく上で発生するさまざまな法律問題について、継続して相談を受けたり、問題解決のために助言したりする弁護士のことです。この記事では、中小企業が顧問弁護士を雇うことのメリットや費用相場、選び方のコツなどをご紹介します。

ページトップ