M&A・事業承継

M&A・事業承継に関する知識まとめです。
M&A・事業承継

M&Aが得意な弁護士の選び方と事務所で違う特徴の見極め方|弁護士費用についても解説

M&Aを弁護士に依頼する際に、どのような基準で弁護士を選べば良いのか、M&A案件に実績のある弁護士の選び方や相談メリットなどを徹底解説します。近年中小企業やスタートアップ企業が対象となるM&Aも増えていますので、知見のある弁護士選びの一助となれば幸いです。

M&A・事業承継

事業承継を弁護士に依頼する4つのメリットと期待できる役割|選び方や依頼時の費用も解説

事業承継は、オーナー経営者の変更に伴い、事業の経営権を移行する行為を意味します。事業承継にあたっては専門家のサポートが必要不可欠です。 ここでは、事業承継を、弁護士に依頼する場合のメリットと承継方法、さらに費用についてご紹介します。

M&A・事業承継

事業譲渡とは|メリット・デメリットや手続きの流れを解説

事業譲渡は、M&Aの代表的な手法の一つです。事業譲渡には、不採算事業の切り離しや資金調達ができるというメリットがある一方、税金の発生、同一事業が一時的に行えないというデメリットもあります。この記事では、事業譲渡のメリット・デメリットや手続きの流れを解説します。

M&A・事業承継

デューデリジェンス(DD)とは何か|M&A時の実施目的や種類・手続きフローもわかりやすく解説

デューデリジェンス(Due Diligence)とは、企業の買収・出資等を行う際に、対象となる企業(対象会社)に対して行う調査・査定のことです。対象会社の価値やM&A取引をするリスクの確認に必要不可欠です。この記事では、デューデリジェンスの概要をご紹介します。

M&A・事業承継

株式譲渡契約書の作成方法と注意点|雛形と必要記入項目を確認

株式譲渡をする際には株式譲渡契約書の作成が必要です。株式譲渡は会社の経営権の移転や譲渡代金が高額に及ぶ場合があるなど、極めて重要な取引であり、契約書は不備のないよう慎重な作成が必要です。この記事では、株式譲渡契約書の作成方法、注意点などをご紹介します。

ページトップ