取引・契約

取引・契約に関する知識まとめです。
取引・契約

下請法とは|対象となるケースや禁止事項・違反時の罰則を解説

下請法とは、下請取引の公平化を目的に成立した法律で、親事業者に対する義務や禁止事項が定められています。ただし、必ずしもすべての下請取引が対象となるわけではないため、ケースごとに判断する必要があるでしょう。この記事では下請法の対象条件や禁止事項を解説します。

取引・契約

売掛金を回収する方法|時効期間や回収不能時の対応も解説

取引先と掛取引を行っている企業の場合、「相手方から売掛金が支払われない」というケースもあります。未回収のまま放置しておくと、時効が成立して回収不可能になる可能性もあるため、迅速に回収対応を行うべきでしょう。この記事では、売掛金の回収方法や時効期間を解説します。

取引・契約

売掛金を回収するための時効のポイント|時効期間・起算日・中断方法

取引先との売買代金など、一定期間を過ぎて時効が成立した売掛金は原則回収できません。未回収の売掛金がある企業は、確実に回収するためにも、時効期間や中断方法など時効のポイントについて押さえておくべきでしょう。この記事では、売掛金の時効のポイントを解説します。

M&A・事業承継

株式譲渡契約書の作成方法と注意点|雛形と必要記入項目を確認

株式譲渡をする際には株式譲渡契約書の作成が必要です。株式譲渡は会社の経営権の移転や譲渡代金が高額に及ぶ場合があるなど、極めて重要な取引であり、契約書は不備のないよう慎重な作成が必要です。この記事では、株式譲渡契約書の作成方法、注意点などをご紹介します。

取引・契約

契約書を内容変更する方法|覚書の作成方法・雛形もあわせて解説

契約条件の変更などにより、契約書の記載項目の追加・修正が発生した場合は、「覚書」などの表題を用いて、原契約書の内容を変更する文書を作成する場合があります。覚書の作成方法は基本的に自由ですが、変更箇所や効力発生日などの項目は最低限記載しておくべきでしょう。

ページトップ