取引・契約

取引・契約に関する知識まとめです。
取引・契約

雇用契約書とは?なくても違法ではない?概要と労働条件通知書との違い

企業と従業員で雇用契約を結ぶ際、雇用契約書が交わされます。雇用契約書があることで、企業と従業員におけるトラブルの未然防止が望めますが、実は企業には作成義務がありません。この記事では、雇用契約書と労働条件通知書との違いや、雇用契約書の存在意義などを解説します。

取引・契約

工事請負契約書の作成時のポイントと注意事項について解説!

工事を請負会社に依頼する際、トラブルを防ぐために、発注者と施工会社で「工事請負契約書」を作成するのが通常です。特に、住宅建設工事についてはトラブルなども生じやすいので、契約確認は重要です。ここでは、工事請負契約書の概要や作成時のポイント、注意事項を解説します。

取引・契約

雇用契約書の作成の仕方を弁護士がチェック!正しい作成方法とは

使用者と労働者で雇用契約を結ぶ際、契約内容などを記載した雇用契約書を作成するのが一般的です。契約書は自力で作成することもできますが、弁護士に依頼することで有効性を高めることができます。この記事では、雇用契約時に弁護士に相談するメリットや費用などを解説します。

取引・契約

未収金を回収する方法や回収期限・回収不能時の対応を解説

備品や土地などの取引を行う企業のなかには、「予定通り未収金が回収できない」というケースもあります。未収金については、さまざまな回収方法がある上に回収期限もあるため、適切かつ迅速に対応する必要があるでしょう。この記事では、未収金の回収方法や回収期限を解説します。

取引・契約

売掛金を回収する方法|時効期間や回収不能時の対応も解説

取引先と掛取引を行っている企業の場合、「相手方から売掛金が支払われない」というケースもあります。未回収のまま放置しておくと、時効が成立して回収不可能になる可能性もあるため、迅速に回収対応を行うべきでしょう。この記事では、売掛金の回収方法や時効期間を解説します。

取引・契約

売掛金を回収するための時効のポイント|時効期間・起算日・中断方法

取引先との売買代金など、一定期間を過ぎて時効が成立した売掛金は原則回収できません。未回収の売掛金がある企業は、確実に回収するためにも、時効期間や中断方法など時効のポイントについて押さえておくべきでしょう。この記事では、売掛金の時効のポイントを解説します。

取引・契約

商事債権の時効は何年?時効の中断方法や時効期間後の回収可否を解説

売掛金などの商事債権には時効制度が設けられており、債権種類ごとに時効期間が定められています。なお商事債権については時効を中断することもでき、たとえ時効期間を過ぎても回収できるケースもあります。この記事では、商事債権の時効期間や時効の中断方法などを解説します。

取引・契約

債権回収を弁護士に相談する際の費用|対応方法ごとの費用相場を解説

債権回収については、状況ごとに適切な対応方法を判断しなければならないため、スムーズに対応を行うには弁護士に相談するべきでしょう。依頼時は弁護士費用が発生しますが、対応方法によって金額は異なります。この記事では、債権回収を弁護士に相談する際の費用を解説します。

取引・契約

債権回収を弁護士に相談するメリットや費用・依頼時のポイントを解説

債権回収については、交渉や訴訟などケースごとに取るべき対応方法が異なります。特に初めて債権回収を行う場合は、弁護士に相談して、今後の対応に関する助言やサポートを受けることをおすすめします。この記事では、債権回収を弁護士に相談するメリットや費用などを解説します。

取引・契約

契約書作成を弁護士に依頼する際の費用や事務所の選び方を解説

契約書は自力で作成することもできますが、弁護士に依頼することで手間をかけずに実効性のある契約書が作成できます。ただし、依頼費用は取引内容や事務所などによって異なります。この記事では、契約書作成を弁護士に依頼する際の費用や、事務所の選び方などを解説します。

取引・契約

契約書作成のポイント・記載事項・弁護士に依頼するメリットを解説

相手方と取引を交わす際、合意内容を明らかにするために契約書を作成するのが一般的です。契約書の作成に関する明確なルールはありませんが、必要事項を満たしていないと十分に効力を発揮しない可能性もあるため、この記事では、作成する際のポイントをご紹介します。

取引・契約

準委任契約で印紙が必要なケースや印紙税額・貼り忘れた際の罰則を解説

準委任契約については、原則的に印紙税が課税されないため印紙は不要です。ただし、なかには例外的に課税対象となるケースがあり、その場合は印紙が必要です。この記事では、準委任契約を結ぶ際に印紙が必要なケースや印紙税額、印紙を貼り忘れた場合の罰則などを解説します。

取引・契約

契約書を内容変更する方法|覚書の作成方法・雛形もあわせて解説

契約条件の変更などにより、契約書の記載項目の追加・修正などが発生した場合は、覚書という書類が取り交わされます。覚書の作成方法は基本的に自由ですが、変更箇所や効力発生日などの項目は最低限記載しておくべきでしょう。この記事では契約書を内容変更する方法を解説します。

取引・契約

企業間取引とは|メリット・デメリットや流れ・ポイントを解説

取引形態の一つに企業間取引があります。企業間取引では、一度に大規模な取引が行われるため、実務的な負担が軽いというメリットがありますが、取引先を一つ喪失しただけでも売り上げが大きく落ちるというデメリットもあります。この記事では、企業間取引について解説します。

ページトップ