取引・契約

取引・契約に関する知識まとめです。
取引・契約

雇用契約書とは?なくても違法ではない?概要と労働条件通知書との違い

企業と従業員で雇用契約を結ぶ際、雇用契約書が交わされます。雇用契約書があることで、企業と従業員におけるトラブルの未然防止が望めますが、実は企業には作成義務がありません。この記事では、雇用契約書と労働条件通知書との違いや、雇用契約書の存在意義などを解説します。

取引・契約

雇用契約書の作成の仕方を弁護士がチェック!正しい作成方法とは

使用者と労働者で雇用契約を結ぶ際、契約内容などを記載した雇用契約書を作成するのが一般的です。契約書は自力で作成することもできますが、弁護士に依頼することで有効性を高めることができます。この記事では、雇用契約時に弁護士に相談するメリットや費用などを解説します。

取引・契約

5分で分かる電子契約とは?法律上の有効性・導入メリット・リスク・システム選びの全知識

電子契約とは、当事者が署名・押印の代わりに電子署名または電子サインを施すことにより、データ上で締結された契約です。電子契約の利用は、今後さらに普及していくものと予想されます。電子契約の内容・メリット・システム選びのポイントなどについて弁護士が解説します。

取引・契約

AIと弁護士による契約書レビューのメリットを比較|AIレビューの実用性と賢い使い分け

AIによって契約書のレビューが簡略化できる時代になりつつある今、企業は弁護士とAIレビューを上手に利用して、より安全かつ迅速な契約締結が可能なのでしょうか。AIレビューの実用性と利用リスク、弁護士との比較をし、賢い使い分をついて紹介します。

取引・契約

下請法とは|対象となるケースや禁止事項・違反時の罰則を解説

下請法とは、下請取引の公平化を目的に成立した法律で、親事業者に対する義務や禁止事項が定められています。ただし、必ずしもすべての下請取引が対象となるわけではないため、ケースごとに判断する必要があるでしょう。この記事では下請法の対象条件や禁止事項を解説します。

取引・契約

売掛金を回収する方法|時効期間や回収不能時の対応も解説

取引先と掛取引を行っている企業の場合、「相手方から売掛金が支払われない」というケースもあります。未回収のまま放置しておくと、時効が成立して回収不可能になる可能性もあるため、迅速に回収対応を行うべきでしょう。この記事では、売掛金の回収方法や時効期間を解説します。

取引・契約

売掛金を回収するための時効のポイント|時効期間・起算日・中断方法

取引先との売買代金など、一定期間を過ぎて時効が成立した売掛金は原則回収できません。未回収の売掛金がある企業は、確実に回収するためにも、時効期間や中断方法など時効のポイントについて押さえておくべきでしょう。この記事では、売掛金の時効のポイントを解説します。

M&A・事業承継

株式譲渡契約書の作成方法と注意点|雛形と必要記入項目を確認

株式譲渡をする際には株式譲渡契約書の作成が必要です。株式譲渡は会社の経営権の移転や譲渡代金が高額に及ぶ場合があるなど、極めて重要な取引であり、契約書は不備のないよう慎重な作成が必要です。この記事では、株式譲渡契約書の作成方法、注意点などをご紹介します。

ページトップ