取引・契約

取引・契約に関する知識まとめです。
取引・契約

英文契約書にサインする際の書き方|名前・役職・日付の書き方も解説

海外企業と取引して英文契約書を交わす場合、通常の契約書とは作成形式が異なるため注意が必要です。特に海外ではサイン文化が主流であるため、契約書作成にあたっては適切なサイン方法を知っておくべきでしょう。この記事では、英文契約書にサインする際の書き方を解説します。

取引・契約

下請け法とは|対象となるケースや禁止事項・違反時の罰則を解説

下請け法とは、下請取引の公平化を目的に成立した法律で、親事業者に対する義務や禁止事項が定められています。ただし、必ずしもすべての下請取引が対象となるわけではないため、ケースごとに判断する必要があるでしょう。この記事では下請け法の対象条件や禁止事項を解説します。

取引・契約

土地売買契約書の作成時のポイントと注意点【書式例付き】

土地売買契約書は、基本的には仲介業者である不動産会社が作成する場合が多いと思われますが、内容をよく確認しないと思わぬトラブルに発展することもあります。この記事では、土地売買時に必要となる「土地売買契約書」の概要と作成時のポイント、注意点についてご紹介します。

取引・契約

契約書の作成代行の依頼先や費用・依頼時の流れを解説

契約締結時は契約書を作成するのが通常ですが、取引内容ごとに記載内容は異なります。記載内容に不備があると十分に効力を発揮しないこともあるため、作成について不安な場合は作成代行を依頼すると良いでしょう。この記事では、契約書の作成代行の依頼先や費用などを解説します。

取引・契約

雇用契約書とは?なくても違法ではない?概要と労働条件通知書との違い

企業と従業員で雇用契約を結ぶ際、雇用契約書が交わされます。雇用契約書があることで、企業と従業員におけるトラブルの未然防止が望めますが、実は企業には作成義務がありません。この記事では、雇用契約書と労働条件通知書との違いや、雇用契約書の存在意義などを解説します。

取引・契約

工事請負契約書の作成時のポイントと注意事項について解説!

工事を請負会社に依頼する際、トラブルを防ぐために、発注者と施工会社で「工事請負契約書」を作成するのが通常です。特に、住宅建設工事についてはトラブルなども生じやすいので、契約確認は重要です。ここでは、工事請負契約書の概要や作成時のポイント、注意事項を解説します。

ページトップ