解決事例

知的財産の解決事例

商標権者から賠償などを求められ、多角的な観点から主張し請求を封じた事例
【全国対応】京都総合法律事務所 担当者名:会社知的財産担当
お気に入り追加
相談内容 業 界 解決までの期間
知的財産 サービス

概要

あるイベントで、一般的な名称だと考えたタイトルをつけたチラシを配布し、イベントを実施していたところ、当該タイトルの商標権者から、①イベントの即時中止、②当該タイトルの有償使用許諾契約の締結、③無断使用期間分の損害賠償を求める通告書が届きました。 どのように対応すればよいでしょうか。

結果

①商標権者か否か、②商標登録の内容、③出所混同の有無(商標の同一性・類似性、商品・役務の同一性・類似性)、④商標権の効力が及ばない範囲での使用か否か、⑤登録無効の抗弁、⑥商標的使用の有無、⑦先使用権の有無等、多角的な観点に基づく主張を行い、請求を封じました。
【全国対応】京都総合法律事務所
  • 電話相談可能
  • 当日相談可能
  • 19時以降の相談可能
  • 土曜の相談可能
  • 休日の相談可能
最寄駅:▶地下鉄東西線「京都市役所前」駅16番出口より徒歩3分▶京阪電車「三条」駅12番出口より徒歩10分
京都府京都市中京区河原町二条南西角河原町二条ビル5階
定休日: 土曜 日曜 祝日
 
17時20分現在は営業時間内です。
050-5851-6334
 
ページトップ